婦人

気になるお尻の黒ずみはピーリングケアでおさらばしよう

水分と油分のバランス

クリーム

向いていない成分

元々水分を溜め込む力が弱い人、刺激に弱い人は敏感肌である可能性が高いと言われています。乾燥がひどくなり、進行してそのまま敏感肌になることもあるようです。一般的なお手入れ方法では肌を落ち着かせることができません。水分と油分のバランスを考えて化粧品選びをする必要があります。ホホバオイルは、肌内部で水分をガッチリと抱き、必要な油分をキープできます。肌表面のキメが乱れている敏感肌もキメ細かい美肌になれるそうです。敏感肌の人はアルコールが入っていないローションを選ぶことがお約束と言われています。アルコール入りの商品を肌に塗ると、炎症をおこし、ただれる恐れもあります。刺激が強いビタミンC配合の化粧品も不向きです。

うまく付き合うこと

ホホバオイルは、植物性で肌にやさしいのが特徴です。副作用やアレルギーの心配もほとんどありません。いつも使っているローションに数滴加えて使う方法もあります。水分を溜め込み乾燥による肌荒れなどもおこりにくくなるそうです。肌に塗ってその上にラップをかぶせればパックにもなります。肌のめぐりが活発になるのでシワやくすみ、シミも薄くなります。免疫がつき、弱かった肌も刺激に負けない強い肌になれるそうです。パックは血行が良くなるお風呂上がりにおこなうと、美肌効果が向上します。敏感肌だからと言ってお金を余計にかけて改善させなくても大丈夫です。うまく付き合えば肌は落ち着き、ノーマル肌と変わらない美しい肌でいられます。